FC2ブログ

【ネタバレ】Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)プレイ日記 最終回

こんばんは、松前です・・・。
タイトルの通り、今回でDoki Doki Literature Club!のプレイ日記は最終回となります。
上げて落として、すごい高低差のあるゲームではありましたが、最後はどのような形で完結するのでしょうか。
それでは最終回をお楽しみください。

ブログランキングに参加しているので、良ければぽちっとお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ
にほんブログ村

目次
1:雑すぎる前回のあらすじ
2:4周目(モニカの存在が消えた世界)


1:雑すぎる前回のあらすじ


モニカ」と二人きりの世界が嫌になり、「モニカ」のデータを消すワイ将

ゲームリセット

以前のPartはこちらからどうぞ
【ネタバレ】Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)プレイ日記 Part1
【ネタバレ】Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)プレイ日記 Part2
【ネタバレ】Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)プレイ日記 Part3
【ネタバレ】Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)プレイ日記 Part4

2:4周目(モニカの存在が消えた世界)


陽キャやリア充をしり目に、「サヨリ」と一緒に登校する主人公。
昔はよく一緒に登校していたらしく、最近になってまた一緒に登校するようになったのだ。
サヨリ」に入部する部活を聞かれ、一応決めてはいると答える。
どこに入るか教えてよ~と「サヨリ」に聞かれ、うまいことをそれをいなす主人公。

放課後になり、自分が入部する予定の部活に足を運ぶ主人公。
ちなみに「サヨリ」は最近になって文芸部という部活を立ち上げ、その部の部長なのである。
彼女は一つの物事に熱中すると、ものすごい集中力でそれを成し遂げる力を持っている。
そんな彼女を内心羨みながらも、彼女の力になりたいという主人公。
というわけやってまいりました文芸部!

4_convert_20180806023848.png

お久しぶりです。
突然の主人公の来訪に犬のように喜ぶ「サヨリ」。
他二人も主人公が来て嬉しそうだ。

お茶やカップケーキなどが用意され、歓迎ムードの中「ユリ」に本の趣味を聞かれる。
文学はあまり精通していない主人公。とっさに漫画と答えてしまう。
少し嬉しそうな「ナツキ」、少しがっかりした様子の「ユリ」。

漫画が好きと聞いて、それに食いついてくる「ナツキ」。
小説を薦め、小説の世界に引きいれようとする「ユリ」。
二人の間で小競り合いが起こりそうな雰囲気であったが、「サヨリ」が割って入り、皆で新しいことをしようと提案する。きっと楽しいし、そうやって世界を広げることこそが文芸部の活動の醍醐味だと思う。

サヨリ」に言われ、お互いの分野の本を認めあう「ナツキ」と「ユリ」。
部活の後、早速二人で本屋に寄り、お互いが好きそうな本を見繕うことを約束している。

すっごい微笑ましい。僕が求めていたのはこういうのだよ・・・

サヨリ」の仲裁力に感服し、褒める主人公。
えへへと照れながら「あ、そうそう。言いたいことがあったんだ!」という「サヨリ」。

おう、なんでもゆーてみ!

辟。鬘・_convert_20180806030101
「”モニカ”ちゃんがしたこと、全部知ってるんだ・・・。」
「主人公がみんなを幸せにするためにどんなに頑張ったか知ってるよ。」
「”モニカ”ちゃんがみんなを悲しませるためにひどいこどをしたのも全部・・・。」
「でも、もうそんなのもうどうでもいいよね?」


辟。鬘・_convert_20180806030725

辟。鬘・1_convert_20180806030856

ひえっ・・・。モニカの次はこいつかよ・・・。
と思うと・・・。

辟。鬘・2_convert_20180806031031

辟。鬘・3_convert_20180806031106

辟。鬘・4_convert_20180806031159

辟。鬘・5_convert_20180806031138

辟。鬘・6_convert_20180806031227

辟。鬘・7_convert_20180806031247

辟。鬘・8_convert_20180806031303

モニカああああああああああああああああああああ(涙)
お前は本当に良い子や・・・・。


辟。鬘・9_convert_20180806031326

辟。鬘・0_convert_20180806031838

モニカ」が練習していたというピアノ。
素敵なピアノの音色と歌声が聞こえてきました。そしてそのままEDへ・・・。

辟。鬘・3_convert_20180806031946

辟。鬘・4_convert_20180806031959

辟。鬘・5_convert_20180806032014

というわけで最後の最後で「サヨリ」が狂気に染まる前に、ゲームを「モニカ」によって完全に消されてしまいました・・・。
自分が主人公を悲しませてしまったことを誰かが再び行い、また主人公が傷つくくらいならいっそのこと世界を消してしまう彼女の優しさだったのでしょうか・・・。

感想としましては、結構来るものがあったけど、非常に素晴らしいゲームでした。
プレイ後はしばらく放心状態でした。
特に、「モニカ」のことを考えると非常に胸が痛いです・・・。
鬱ゲーやホラーゲームの感覚でプレイしていたのですが、それとは一味違う感覚を味わいました。
とりあえずゲームを起動しても最後の画面のままなので、もしプレイするならば再インストールする必要がありそうです。
次インストールしたときは「モニカ」と二人きりの世界で止めようと思います笑

また、このゲームイラストCGをすべて集めると、トゥルーエンドに行きつくそうです。
トゥルーエンドを見たい気持ちが、またこの鬱な気持ちになるのが嫌だなという気持ちを上回った時に再チャレンジしようと思います。

全Part合わせると大分長くなりましたが、ここまで読んで下さった方には本当に感謝申し上げます。
駄文でダラダラと書いていただけですので、読みづらい部分などが多々あったと思います。
より一層文章力を上げていき、またプレイ日記などを書いていきたいと思っておりますので今後ともよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺で。
また次の記事でお会いしましょう、またね!!

関連記事

コメント


管理者のみに表示