FC2ブログ

未分類の記事 (1/5)

無水カレーの作り方

こんにちは、松前です。
昨今では女性の社会進出が以前と比べ格段に進んでおり、共働きの家庭が増加している。
それらに伴い、家事は女性だけがやるという考え方は古い価値観、考え方であると淘汰され、男性でも炊事、洗濯、掃除といった家事を一通りこなせることを求められている。

わい将は一人暮らしをしているので家事の心得は一通り持ち合わせているので、今回はそんな僕の料理のウデマエお見せしたいと思います。
やっぱり料理ができる男ってこう、あれじゃん。
なんかモテそうじゃん・・・。

無水カレーを作るよ


今回僕が作るのは無水カレーというカレーです。
簡単に言うと水を一切使わないで、野菜から出る水分のみで煮込んだカレーって感じですかね。
手軽に作れる上にとても美味しいので、普通のカレーに飽きた方は一度作ってみてはいかがでしょうか。

材料はこんな感じです。

IMG_6021_convert_20181114212922.jpg

玉ねぎ 3玉
トマト 2つ
じゃがいも 1つ
半額(超重要)の肉 
特売の安いカレー
お値段870円くらい。半額イイね!

この材料の量で成人男性2~3食分くらいあります。
女性やキッズたちなら2日はもちそうですね。

玉ねぎとトマトがじゃぶじゃぶ水分を出してくれます。
玉ねぎだけでも作れるっぽいんですけど、個人的にはトマトを入れた時のほのかな酸味が好きなので入れてます。
ほのかな酸味・・・笑
20とちょっとの若造が使っていい台詞じゃねえな笑

最初にやるのは、トマトの湯剥き
皮ありのまま使っちゃうと出来上がった時に、トマトの皮がビニール袋のような食感で襲ってくるそうです。

IMG_6023_convert_20181114213648.jpg      IMG_6024_convert_20181114213734.jpg

トマトに十字の切れ込みを入れて、沸騰したお湯に10~20秒ほどぶち込みましょう。
ぶち込み終わったら冷水で粗熱をとると、皮がデロ~ンってなってるのでそこから楽に皮を剥くことができます。
スルスル~って皮を剥くことができて、めっちゃ楽しいです。
この方法考えた人すごいね・・・。

IMG_6025_convert_20181114214139.jpg

湯剥きトマトの完成です。

さて湯剥き用のお湯が沸かせている間に、玉ねぎをみじん切りにしちゃいましょう。

IMG_6022_convert_20181114214403.jpg      IMG_6026_convert_20181114214503.jpg

全部乗り切らなかった。
玉ねぎみじん切りにする時、涙が出まくってしんどかったです・・・。
良い対処法がないもんかね・・・。

IMG_6028_convert_20181114214819.jpg

みじん切りにし終わったら、鍋の底に敷くようにざらーっと入れちゃいましょう。
トマトもサクサク~と切ってお鍋に投入ッ!
トマト触ったらめっちゃ手トマト臭くなって草。

IMG_6029_convert_20181114214955.jpg      IMG_6030_convert_20181114215022.jpg

ジャガさんもさっさ~と切ってお鍋に投下!

IMG_6031_convert_20181114215533.jpg      IMG_6032_convert_20181114215656.jpg

よくジャガイモの芽には毒があるから取れっていうけど、芽の部分が具体的にどこか分からないんですよね。
だからなんかくぼんだ所を適当に削り取ってるんですけど、合ってるんですかね笑

IMG_6033_convert_20181114215913.jpg

肉はそのままぶち込んでやるぜぇえええ!!
もも肉安すぎて草、これは買いやで~て思って買ったら胸肉だということに帰ってから気づきました、松前です。

これで具材の準備はあらかた終了しました。
あとは蓋をしてとろ火~弱火で少しずつ野菜汁で満たされるのを待ちましょう。

IMG_6034_convert_20181114221347.jpg

僕の家には蓋がないので、アルミホイルで代用します。

まあ皆さんの言いたいことは分かりますよ。
本当に水入れなくて大丈夫なの???ってね。
最初は僕もそう思っていました。
でも意外とやってみるもんなんですよ、何事も。
ってことで20分後くらいの鍋の様子がコチラ。

IMG_6037_convert_20181114221653.jpg

ちょっと画像が荒いのでわかりにくいかもしれませんが、具材が水でヒタヒタになっています。
僕一滴も水とか入れてないんですよ!!
野菜から出る水分だけでこんなんなるんです。
玉ねぎとトマトってすごいね。
基本的に一度火をかけたらほったらかしでいいと思いますが、あんまり放置しすぎるとなべ底がめっちゃ焦げるので頃合いを見て中身をかき混ぜることをお勧めします。

IMG_6038_convert_20181114221930.jpg

20~30分くらい煮込んだら一度火を止めて、ルーを入れまーす。
ルーの個数とかはまあ適当で笑
味見しながら調節してください。

IMG_6039_convert_20181114222209.jpg

5分くらい煮込んだら完成です!!

IMG_6040_convert_20181114222259.jpg

デデーン!
これが水を一切使わないで、野菜の水分だけで作った無水カレーです。
まーあ美味いんですよ、これが。

8e5f3d2d-s.jpg

ルーは水っぽくなく、どちらかといえば粘度が高めです。
野菜だけの水分なので味が濃厚というか、深みがあります。
そんなに舌が肥えてないので、この表現があってるかどうかは分かりませんが笑
素人舌ではそう感じます!

トマトを入れることで酸っぱくなりそうと思いがちですが、まったくそんなことはありません。
後味にびみょーにトマトがあるかどうかです。
ハヤシライスの100分の1くらいの気になり具合ですかね笑
逆に言えばトマトがめちゃくちゃ主張してくるわけではないので、トマトを楽しみたい場合はトマトの量を増やすといいかも。

あとはもう少し煮込んでも良かったかな~って思います。
30~40分はルーを入れる前に煮込んだほうがいいかも。

というわけで松前流・無水カレーの作り方でした。
具材を切って鍋にぶち込むだけのお手軽料理の割には、結構おいしいのでお勧めです。
もしよければ参考に作ってみて下さいね。
それでは今回はこの辺で。
また次の記事でお会いしましょう、またね!



ブログランキングに参加しているので、良ければぽちっとお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 今日やったゲームへ
にほんブログ村